生田斗真主演映画で性同一性障害役『彼らが本気で編むときは、』

生田斗真さんが、2017年2月25日公開の映画『彼らが本気で編むときは、』にて主演を演じます。


本映画はトランスジェンダー(性同一性)を題材とした作品。
トランスジェンダーの主人公を演じるのは生田斗真さん。


そんな生田斗真さんの演技が凄すぎるとして話題となっております。



生田斗真さんが女性役という凄さ

生田斗真さんは『彼らが本気で編むときは、』で主人公のリンコ役を演じます。
体は男性で生まれながら心は女性。
そんなトランスジェンダーがテーマの映画。


かなり攻めた内容であると思います。
一歩間違えば批判の対象となってしまいます。


そんな中、生田斗真さんはトランスジェンダー役を男性ではなく女性として演じます。
回想シーン以外は全て女性役。


料理や編み物のシーンでは本物の女性のような仕草が見られます。
普段の生活の時からの努力で「女性」を演じることができたのだと思います。


実際「リンコを演じて、何か影響はありましたか?」という質問に対し、生田斗真さんは


「影響しかないですよ(笑)。コップを持つ手や、座るときのラインを気にしたり、内股になっていたりとかいっぱいありました。
でもそうじゃなきゃ、演じられなかったと思います。」
出典:http://kareamu.com/comment/


と発言。


イケメンの役やコメディ役など様々な役を演じてきた生田斗真さんですが、女性役は初めて。
かなり難しい役どころだったのではないでしょうか。


しかし、予告ムービーを観る限りでは体の線の細さもあり普通の女性に見えます。
正直なところ「生田斗真」という男のイメージが強いのでムズ痒さというものはどうしても残ってしまいます。
しかし、「生田斗真」というイメージがなければ女性と言われてもおかしくないレベルの演技です。


↓↓予告ムービーはこちら↓↓


スポンサーリンク


『彼らが本気で編むときは、』のあらすじ

トランスジェンダーのリンコ(生田斗真)
リンコの恋人役のマキオ(桐谷健太)
母親に置き去りにされたマキオの姪のトモ(柿原りんか)


母に捨てられたトモを叔父のマキオが引き取ったところからこの三人の不思議な関係の共同生活が始まります。
彼らを取り巻くのはマキオの姉・トモの母(ミムラ)、リンコの母(田中美佐子)、トモの同級生カイの母ナオミ(小池栄子)などなど・・・


監督は『かもめ食堂』が大ヒットした荻上直子さんです。


「一緒にいた人見たでしょ?普通じゃないの」


予告編の中でもセリフが聞けますが、おそらくリンコのことを指しているのでしょう。
この言葉がこの物語の核になるのではと思いました。


トランスジェンダーとして悩むリンコ。応援する母ヒロミ。
トモの同級生カイ。トモと仲良くするカイを心配するナオミ。
サバサバ性格のリンコの同僚・佑香。


それぞれがそれぞれの悩みを持ちながら進むストーリー。
そんな中リンコ・マキオ・トモの不思議な共同生活が本物の家族になる様子が描かれるお話です。



ここ最近は同性愛者が増え、公言する方も増えてきました。
日本ではまだまだ受け入れられているとは言いがたいですが、同性パートナーシップ証明。
いわゆる同性婚を認める市や区が増えてきていることも事実です。


この映画を通して考えさせられることが多くなるのではないでしょうか。


『彼らが本気で編むときは、』公式HPはこちら



生田斗真さんの女性役。
トランスジェンダーを題材とした映画。


様々な観点から注目の映画となりそうです!



関連記事
生田斗真が覚悟の女性役!「彼らが本気で編むときは、」でトランスジェンダー役を演じる
生田斗真が彼女の清野菜名と節分デート!結婚間近や売名との声も
生田斗真と弟生田竜聖が共演!めざましで兄弟の仲良さを披露
生田斗真の主演映画『土竜の唄 香港狂騒曲』は豪華キャスト
生田斗真の彼女は2016年現在清野菜名?