神木隆之介が子役で成功したのは実力なのか!?

神木隆之介さんは2歳のころに子供タレントの道へ。

8歳のころにジブリ映画「千と千尋の神隠し」で声優デビュー。
12歳で「妖怪大戦争」で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。

と子役のころから大活躍され、23歳になった今でも第一線で活躍中です。

神木隆之介さんが子役から大人まで活躍ができているのはなぜなのか?
その魅力について迫ります。


子役での成功者は大人になるとテレビで見なくなる?

子役で大成功した人は大人になると見かけなくなることが多いです。

パッと思いつく限りだと、神木隆之介さんを始め
安達祐実さん、井上真央さん、杉田かおるさんくらいでしょうか。

他にもたくさんいらっしゃいますが、子役時に大ブレイクとなるとかなり限られるはずです。


なぜ子役から成功し続けることは難しいのでしょうか?
理由としては以下のようなことが言われております。

1.容姿(見た目)が大人になってしまうギャップ
2.子役と印象が強すぎる
3.やりたいことが変わる


1,2はほぼ同じですが、容姿が大人になり変わってしまうことで子役時代の印象からの脱却ができません。
そのため大人になった役を演じても見ている側はどうしても違和感が残ってしまいます。

そして、子供が自ら「子役(俳優)やりたい!」と言って始める子は少ないでしょう。
おそらくほとんどが両親のススメでやっているはずです。

そのため、年齢を重ねるにつれて「スポーツがやりたい」「勉強がしたい」
などと芸能人から変わることもあるでしょう。

子供のころから芸能界にいるとどす黒い面が見えてしまいよくないとも聞きます。
これは杉田かおるさんが「しくじり先生」で話していました(笑)

スポンサーリンク



なぜ神木隆之介さんは子役から成功したのか

なんといっても演技力でしょう。
子役のころから演技力は抜群
成長するにつれてさらに洗練されているように思えます。

声優活動も積極的にしており、声優としてもプロの声優かと間違う程の実力だと思います。

やはりその演技力があるからこそ俳優として出始めた11歳のころから現在に至る23歳までコンスタントに出続けることができたのでしょう。

「演技力がある=いろいろな役がこなすことができる」
と言えるので子役から高校生のころ、成人してからも様々な役ができたのではないでしょうか。

また、容姿もそこまで変わっていません。
かなりのイケメンに成長しましたが、あどけなさはまだ残っておりどこか可愛さがありますね。
そのため容姿のギャップというデメリット面がクリアされたように思えます。

安達祐実さんも同じようなタイプですよね。30歳を超えて子供もいらっしゃるのにまだまだ童顔でドラマにも出られています。

また運も部分もあったのかもしれません。
『妖怪大戦争』
『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』
『桐島、部活やめるってよ』

などヒットしたドラマ・映画に多数出演しています。
神木くんの実力といえば実力です。
しかし、ヒットするのは運も必要です。運も実力のうちですからね!


今年は大ヒットアニメ『君の名は。』の声優として話題になった神木隆之介さん。
来年には主役として出演する映画『3月のライオン』が公開されます。

既に日本を代表する俳優さんですが、これからますます役者として脂が乗ってくる時期だと思います。
今後の神木隆之介さんに注目です。


関連記事
神木隆之介は千と千尋の神隠しの坊役!当時何歳?実は大泉洋や安田顕も!
神木隆之介が声優をした『君の名は。』その良さに迫る!
神木隆之介さんの公式インスタが公開!
神木隆之介の写真集『Sincerite(サンセリテ)』は発売!本人からのお渡し会が全国で!
神木隆之介が演じた声優作品は売れる?